love宇宙 shree.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

原点

 「私は、どうしたいのか」

これが一番たいせつ。
この原点を忘れていたなー。
気づかせてくれて、ありがとう。

『引き寄せの法則』で考えれば、
起きてしまったことは仕方ない。
起きたことをアレコレ考えるのは、いいエネルギー?
ちがうよね。
ってことで。

 「次いこ、次!」
この姿勢が正解。

次は上手くいくよ。
さあ、執着しないしない。

「だったら、どうしたい?」
この質問を常に忘れず。

また、気を取り直して、がんばろー。

「私は常に恵まれている、ラッキー♪」
唱えて、信じて、そんな感じで、
明日を迎えよう。。
[PR]
by shree | 2011-10-09 04:26 | 気づき

あくびの心理

話している相手が、あくびをしたとき。

緊張感がない、のは確実。
それは、気が入っていないということ。

話題か、対ヒトかはわからないけど、
興味がないのは、たしか。
そして、話題に興味がなくても、
相手に興味があれば、
話を合わせようと、話題にもついてくるはず。

つまりは、「あくび=そのヒトに興味がない」ということ。

死ぬほど好きだった彼と、最後に食事したとき。
彼はなんども、あくびしていた。
いま振り返っても、悲しい光景。。

今日、食事した友だちも、あくびしていた。
前回は、そんなことなかったのになあ。
そういうタイミングなのかな。

とりあえず、友だちは一生懸命、話しをしてくれた。
聞いてくれた。
だから感謝している。

でも、あくびが多かったのも事実。

帰宅後、心が重かった。
なぜそう感じるのか、初めは理由がわからなかったけど、
こうしてブログに書いて整理してみると、
「あくび=関心なし」
この現実を受け止めるのに抵抗があったからだと思う。

友だちと合っているときから、
心のどこかでは、わかっていたのに見ないふりして、
一生懸命、友だちの注意を引こうと話をした。

自分の心のなかに、たいせつにとっておきたい話までしてしまった。
そこまでした自分の、友だちへの執着心。
自分への嫌悪感が、心の重さとして感じられたのだろう。

私は、その友だちへの執着心を棄てる!
だから、私からは、もう誘はない!
なんか気分スッキリ!

この1年、楽しかったなあ、
ありがとうねえ。

「執着を棄てる」って、生きてくうえで、ほんとに素敵ね(笑)
人生が、たのしくなる。
[PR]
by shree | 2011-10-09 00:49 | 気づき

10の質問

思い出せないときに有効な質問

10 Question システム
考察中のことがらに関する10の質問

1.その由来または起源は?
2.それはどんな理由で始まったか?
3.それにはどんな歴史があるか?
4.それはどんな特質や個性を持っているか?
5.それを連想させるものや、関連しているものは?
6.それをどのように利用(活用)するのか?
7.それは何を表しているか?
8.それからはどんな結果が生まれ、どんなことが起こるか?
9.それは最終的に、あるいは将来的にどうなるか?
10. それについて自分はどう考えているか? その理由は?

『記憶力』
ウィリアム・ウォーカー・アトキンソン
サンマーク出版
[PR]
by shree | 2011-10-02 10:22 | book