love宇宙 shree.exblog.jp

カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:book( 4 )

視点

これは実践してみたい。

『人生を変えるアタマの引き出しの増やし方』
(佐藤けんいち/著、こう書房/刊)

自分とは異なる視点を持つ

 普段とは異なる視点から物事を観察することも大事なことです。例えば、異性の視点でものを見たり、子どもの視点で考えたり、海外の人の視点から観察するなど、自分とは違う立場の人を想像し、その視点から事象を観察するのです。
 こうした視点を持つには、実際に普段と異なる状況に身をおいて「観察せざるをえない環境」をつくってしまうことで磨かれるといいます。引っ越しや国内外の旅行、異業種交流会、別部門への異動など、環境を変えるためにはいろいろな方法がありますので、自分のできる範囲から試してみるのもいいかも知れません。
[PR]
by shree | 2012-07-14 12:57 | book
『あなたの話はなぜ「通じない」のか』 
  山田ズーニー

「相手の求める問い」と外れたところで、
 どんなに言葉を重ねても話しは通じない


前提が通じない相手には
 なぜ、その前提があるんだろう?と訊いてみる。
 結論は共感できなくとも、
 共通の「問い」をもつことで、通じ合える。

善かれと思ってアドバイスするとき、
 自分の視点は、相手より上にある

  ↑
 正論が嫌がれる理由のひとつ

 共感を話せ

◆怒りのメールには
 相手の不安や恐れを見つけ出し、
 共感する内容から書きだすのがポイント

[PR]
by shree | 2011-11-12 04:29 | book

10の質問

思い出せないときに有効な質問

10 Question システム
考察中のことがらに関する10の質問

1.その由来または起源は?
2.それはどんな理由で始まったか?
3.それにはどんな歴史があるか?
4.それはどんな特質や個性を持っているか?
5.それを連想させるものや、関連しているものは?
6.それをどのように利用(活用)するのか?
7.それは何を表しているか?
8.それからはどんな結果が生まれ、どんなことが起こるか?
9.それは最終的に、あるいは将来的にどうなるか?
10. それについて自分はどう考えているか? その理由は?

『記憶力』
ウィリアム・ウォーカー・アトキンソン
サンマーク出版
[PR]
by shree | 2011-10-02 10:22 | book
★何かを手に入れたところで、私たちの心の状態は変わらない
★一人で必死に努力しないで、宇宙と手を組もう

上手に願えば、幸せになる

上手に願えば、もっと幸せになるのでしょうか?
必ずなります。ただし、理性が思い描くのとは違った形で。

幸せは、心の安定であり、実際に経験する出来事とはほとんど関係がありません。
お金がないから、パートナーがいないから幸せを感じることができないという人は、それらが手に入ったとしても、必ずしも幸福にはなりません。
よく考えてみると、お金やパートナー、名誉を手に入れているのに、いつまでも機嫌が悪かったり、不幸な人がいることに気づくはずです。

私たちは自分以外のことによって、幸せを感じるわけではないのです。

幸せは外から受け取るものではなく、自分の中から湧きでてくるものです。つまり、自分のなかに満たされた気もちがなければ、幸せとはいえないのです。そのとき、自分が広いお屋敷に住んでいようが、狭いアパートに住んでいようが、まったく問題ではありあせん。どちらの場合でも、幸せにも不幸にもなりうるからです。
幸せは、心の中の平穏から生まれます。幸せは、私たちがほかの人と何かを分かち合おうとするときに、生まれるのです。

幸せとは、私たちの心の状態のことです。ですからそのときにパートナーがいることもあれば、いないこともあります。お金があろうがなかろうが、家や名声を手に入れていようがいまいが、関係ないのです。それなのに、何か特定のものを所有すれば幸せになるだろう、と思っている人はたくさんいます。しかし、何かを手に入れたり何かをしたらかといって、それだけで幸せがもたらされることはありません。それなのに、私たちは、どうして自分が今こういう状況にあるのか考えようともせずに、ただそこから抜け出すことばかりに必死になります。また、私たちの無意識な願いや思いによって、好ましくない境遇あもたらされてしまったときにも、何か他のものを手に入れることで、その状況から脱しようとするのです。

人や物事を慈しむ気もちと、心のやすらぎに憧れ、自分以外のものの力を借りて、それを手に入れることを望んでいたのでした。

 しかし、自分に愛や安らぎを与えることができるのは、まさしく自分自身だけです。残念なのことに、すべての願いがかなっても、私たちの幸せに対する考え方が改まることはけっしてありません。今現在、幸せでない人は、どうやっても幸せにはなれないのです。たとえ、一時的にそう感じることができたとしても、その幸せは長くは続きません。なぜなら、それは本当の意味での幸せではないからです。

「上手に願う」ことで、私は幸せになったでしょうか?
 なりました! 私の人生における願いがすべてかなえられたからではなく、自分の人生に対して意識的に取り組むようになり、自分の行動を信頼できるようになったからです。
 何かを望む願いが実現される経験を何度もしたおかげで、この世で孤独に、必死になって努力する必要のないことを学びました。人知れぬ孤独な瞬間でさえも、私は満たされ、幸せです。そして、感謝の気もちでいっぱいなのです。一人で必死に努力しないで、宇宙と手を組むことが大切なのです。


愛を手に入れる

「上手に願う」ことにより、私の世界は大きく変わりました。私の経験、考え方、感覚、パートナーとの関係、そして自分への愛が、すべてを変えたのです。
 私は「上手に願う」ことに助けられ、日を追うごとに自分と親しくなっていきました。かなえられた願いの一つひとつが、私の人生に本当に大切なことは何か、気づかせてくれました。何もかもを手に入れることができるとわかったとき、私たちは真実の願いを追求し始めるのです。
 そして、最後にたどり着くのは、私たちが探している愛です。私たちを幸せにしてくれるのは愛なのです。愛がすべてなのです。「上手に願う」ことは自分自身、そして他人に対する愛につながっていくのです。

ピエール フランク
Pierre Franckh、
[PR]
by shree | 2011-04-04 05:02 | book